1. レシピ
  2. 【アンチエイジング対策レシピ】ビタミンCが効率よくとれる!?醤油ベース【肉じゃが】

【アンチエイジング対策レシピ】ビタミンCが効率よくとれる!?醤油ベース【肉じゃが】

解説カラダネ編集部

じゃがいもの栄養といえば?
おそらく、でんぷん!と答える人が多いかと思いますが、実は
ビタミンCも豊富です。そして、うれしいことに、じゃがいもに含まれるビタミンCはでんぷんに覆われているため、加熱しても壊れにくいんです。

一般的にはビタミンCには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングや美肌作用に役立つとされます。また、ビタミンCはストレスに対抗する作用がある副腎皮質ホルモンの合成を促す働きがあり、ストレス対策にもおすすめとされています。

とても優秀な働きがあるとされるビタミンCですが、私たちの体内で作ることができないため、食事やサプリメントで摂取する必要があります。煮る・焼く・蒸すなど様々な調理に使えるジャガイモはビタミンCを効率よくとれる食材としておすすめです。

今回のレシピは家庭の定番料理である肉じゃがです。肉じゃがって、レシピ見るほどでもないよ!という方。とはいえ、いつも同じ分量で作るから同じ味になりませんか??
こういう定番料理こそ、レシピを見ながら作ってください。そして、新しい風味の肉じゃがをお楽しみください。

●材料(2人分)
ジャガイモ…2個(4ツ割りし水にさらす)、ニンジン…1/2本(乱切り)、タマネギ…1/4個(くし形切り)、糸コンニャク…100グラム(熱湯でゆで、食べやすく切る)、牛切り落とし肉…150グラム、キヌサヤ…3枚(ヘタとスジを除き、さっとゆで半分に切る)、Ⓐ(だし汁…1と1/2カップ、酒…大さじ1、みりん…大さじ1、砂糖…大さじ2、しょうゆ…大さじ1/2)、しょうゆ…大さじ1、油…大さじ1/2

●作り方
❶鍋に油を熱し、ジャガイモ・ニンジン・タマネギを入れ、軽く炒め合わせる。全体に油が回ったら、Ⓐを加える。ひと煮立ちしたら火を中火にし、落としブタをして煮る。
❷野菜に火が通ったら、落としブタを外し、火を強める。糸コンニャクと牛切り落とし肉、しょうゆを加え3~4分煮る。火を止め、器に盛ってから、キヌサヤを飾る。

もちろん、肉じゃがを一度食べたくらいで体調がよくなることはありませんが、健康維持の一環として規則正しい食事を食べるようにしましょう。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう