1. レシピ
  2. キャベツの「イソチオシアネート」はがん予防の理想栄養⁉︎ロールキャベツのみそ煮

キャベツの「イソチオシアネート」はがん予防の理想栄養⁉︎ロールキャベツのみそ煮

解説カラダネ編集部

キャベツに含まれる「イソチオシアネート」と呼ばれる成分は、近年の研究で免疫力を強める作用があるとわかってきているそうです。健康な細胞を傷つけることなく、がん細胞だけにピンポイントに作用するのではないか?と考えられているとのこと。

正常な細胞には作用せず、がん細胞だけを無力化させることができたら、こんなに素晴らしいことはありません。もちろん、キャベツだけを食べれば、がんが防げる!ということはないのですが、毎日の食事の中でとりいれることはオススメです。
そんなキャベツをふんだんに使ったロールキャベツのみそ煮を作ってみませんか?お味噌も、がん予防に役立つ食材ですので。

ただ一つ気になるのは、最近はキャベツが高いこと……高いとはいっても、1個が500円もするわけではないので、ぜひお試しあれ!

●材料(2人分)
キャベツ5枚、タマネギ50グラム(みじん切り)、(鶏ひき肉150グラム、塩少々、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1、すり白ゴマ大さじ1)、(カツオだし300ミリリットル、しょうゆ小さじ2、西京みそ40グラム、みりん小さじ4)、ユズ皮適量(よく洗い千切り)

●作り方

❶キャベツ4枚を中火でゆでて、硬い芯の部分をそぎ落とす。残り1枚は千切りにする。
❷タマネギを耐熱皿に入れ、ラップをかけて600ワットのレンジで約1分加熱する。
❸ボウルにⒶを入れてよくまぜる。キャベツの千切りと冷ました②を加え、さらにまぜてから4等分する。
❹ゆでたキャベツで③をそれぞれ包み、巻き終わりを下にして、すきまがないように鍋に並べる。合わせたⒷを注ぎ入れて強火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、落としブタをして20分ほど煮込む。
❺器に盛り、ユズ皮を散らす。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう