1. レシピ
  2. 【胃もたれで悩む方に】鶏胸肉とカブのユズこしょう炒めでアミラーゼをとろう

【胃もたれで悩む方に】鶏胸肉とカブのユズこしょう炒めでアミラーゼをとろう

解説カラダネ編集部

カブにはアミラーゼと呼ばれる消化酵素が含まれています。アミラーゼは消化酵素の一種で、でんぷんなどの栄養を分解して消化を促進する働きがあります。
そのため、カブには胃や腸の働きを整え、胃もたれ、胸やけを改善させる働きがあるとされます。

カブといえば漬け物や煮物が定番ですが、今回のレシピは炒め物。ユズこしょうのピリッと効いた辛味がアクセントとなるおすすめの一品です。

忙しい毎日で強すぎるストレスや、食べ過ぎによる胃もたれがある方は、アミラーゼがとれる「鶏胸肉とカブのユズこしょう炒め」をぜひ、お試しください。

●材料(2人分)
カブ…2個、Ⓐ(鶏胸肉…160グラム〈1センチ厚さのそぎ切り〉、しょうゆ…小さじ1/2、酒…小さじ1/2、片栗粉…小さじ1)、Ⓑ(酒…大さじ1/2、みりん…小さじ1/2、ユズこしょう…小さじ1)、塩…少々、オリーブ油…大さじ1

●作り方

❶Ⓐをボウルに入れ、手でもみ込む。
❷カブは茎を2センチほど残して切り、皮をむき1センチ厚さに切る。茎の間の泥汚れは、竹串などを使いながら水洗いする。
❸切り落としたカブの茎と葉は3センチ長さに切る(カブ1個分程度の量を使う、大きい葉は除く)。
❹フライパンにオリーブ油大さじ1/2を中火で熱し、を両面彩りよく焼き、軽く塩を振ったらフライパンから取り出す。
❺④のフライパンに残りのオリーブ油を加え、①を入れ中火で両面を焼いて火を通す。③と合わせたⒷを加え、炒め合わせる。カブの茎がしんなりしたら、器に盛る。

胃もたれや胸やけが続く人は、必ず専門医に診てもらうことが基本です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう