1. レシピ
  2. 幸せホルモン「セロトニン」が脳内でぐんぐん分泌⁉︎かまぼこチーズフライ(物忘れ対策に)

幸せホルモン「セロトニン」が脳内でぐんぐん分泌⁉︎かまぼこチーズフライ(物忘れ対策に)

解説カラダネ編集部

やる気が出てくる「ドーパミン」や、気持ちをリラックスさせられる「セロトニン」などの神経伝達物質は、アミノ酸(タンパク質を作る最小成分)からできています。そのためタンパク質が不足すると、神経伝達物質が脳内で十分に作られず働きも鈍くなってしまうため、普段からたんぱく質をしっかり摂取しましょう。

今日紹介するのは、そんな「たんぱく質」が豊富な笹かまぼこで、カルシウムたっぷりのチーズを挟み揚げた一品です。おつまみやお弁当のおかずに最適で作り方も簡単。栄養満点で家族の健康を考える主婦の味方となるオススメの品です。ぜひ、お試しください!

●材料(2人分)
笹かまぼこ…3枚、プロセスチーズ…3枚、(四角形タイプを1センチの厚さに切ったもの)、柚子こしょう…適量、薄力粉…適量、溶き卵…適量、パン粉…適量、サラダ油…適量、ベビーリーフ…適量、ミニトマト…4個

●作り方
❶笹かまぼこの中央部に包丁で切り込みを入れる。
❷プロセスチーズの片面に柚子こしょうを薄く塗り、①の切れ込み部分に挟む。
❸薄力粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつける。
❹フライパンに1㌢高さ程度のサラダ油を入れて中火で熱し、③を両面揚げ焼きにする。
❺余分な油を落としてから、④を半分に切る。器に盛り、ベビーリーフとミニトマトを添えて出来上がり。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう