1. レシピ
  2. ゴーヤに含まれる「チャランチン」がすい臓を助ける!チャンプルー焼うどん(高い血糖に悩む人に)

ゴーヤに含まれる「チャランチン」がすい臓を助ける!チャンプルー焼うどん(高い血糖に悩む人に)

解説カラダネ編集部

ゴーヤの苦味成分である「チャランチン」や「モモデルシン」は、血糖値に関係するインスリンの分泌を調整するのに役立つ期待が持てます。これまで、苦くて敬遠していたゴーヤも「それなら」と思って食べてみたくなりませんか?

もちろん、高い血糖や食後の血糖を気にする人の中には、主食のうどんを食べられない人もいるでしょう。そんな人は、ゴーヤや肉・豆腐の量を多めにして、うどんは少量にするというのも、おすすめです。ゴーヤに苦手意識のある人も、一度是非試してみてください!

●材料(2人分)
冷凍うどん…2玉、ゴーヤ…1/3本、豚バラ肉(薄切り)…120グラム、長ネギ…1/4本、木綿豆腐…1/4丁、卵…2個、鰹節…5グラム、ゴマ油…大さじ1、塩・胡椒…各少々、水…大さじ2、Ⓐ(醤油…大さじ1/2、酒…大さじ1)

●作り方
❶冷凍うどんは内袋のまま耐熱皿にのせ、ワットのレンジで約5分加熱する。
❷フライパンにゴマ油を熱し、豚バラ肉を中火で炒める。焼き色がついたらゴーヤ・長ネギと塩少々を加えて炒める。
❸②に木綿豆腐を加え、木ベラなどで軽くくずし、溶いた卵を流し込む。卵が固まりかけたら炒め合わせる。
❹③に袋から出した①と水、合わせたⒶを加えて軽く炒め、鰹節を加えて塩・胡椒で味を調えたら、もうひと混ぜして器に盛る。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう