1. レシピ
  2. ケトン体の生成がアップ!具沢山のココナツミルクのスープカレー(ダイエット対策に)

ケトン体の生成がアップ!具沢山のココナツミルクのスープカレー(ダイエット対策に)

解説カラダネ編集部

脳のエネルギー源であるケトン体を増やすのに役立つのが、ココナツミルク。
ケトン体は、ダイエット対策や冷え症対策など、さまざまな健康維持に役立つとして、一時期大変なブームになりました。海外セレブ多数が愛用していることでも話題になりましたよね。

今回は、そんなケトン体増やしに役立つココナツミルクに、カレー粉を混ぜて作った美味しいスープカレー。カレー粉の主成分の一つの「クルクミン」には、脳の血流を増やすのに役立つ期待が持てます。

つまり、今回のレシピは、脳を刺激するのに役立つ最高のカレー料理といえるかもしれません。ぜひ、ご賞味あれ!!

●材料(2人分)
豚肉(カレー用)…120グラム、レンコン…80グラム、パプリカ…1/2個、玉ねぎ…1/2個、インゲン…6本、水…400ミリリットル、カレールウ…50グラム、ココナツミルク…200ミリリットル、塩・コショウ…各少々、油…大さじ1/2

●作り方
❶豚肉に塩・コショウを振る。
❷鍋に油を熱し、❶を中火で炒める。色が変わったら、それぞれ食べやすい大きさに切ったレンコン・パプリカ・玉ねぎを加えて炒める。全体に油が回ったら水を加えて煮る。
❸炒めた具材に火がしっかり通ったら、2〜3等分に切ったインゲンを加える。火を止め、カレールウを加える。カレールウが溶けたら再び中火にして、ココナツミルクを加える。温まったら器に盛る。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう