1. レシピ
  2. お酒を飲んだ翌日もスッキリ爽快!鶏ささみと卵のゴマ和え(二日酔い対策に)

お酒を飲んだ翌日もスッキリ爽快!鶏ささみと卵のゴマ和え(二日酔い対策に)

解説カラダネ編集部

安くておいしい、しかも完全栄養食と称されるほど高栄養の「卵」。家計をやりくりする主婦の強い味方です!
そんな万能食の卵ですが、コレステロールの含有量が多いことが一抹の不安だったのではないでしょうか?

しかし近年になって、その常識を覆す、コレステロールに関する驚きの研究結果が報告されたのです。
それが、日本動脈硬化学会が発表した研究で、健康な人の場合、食事で摂取したコレステロールは血中コレステロール値に影響しないことが判明し始めています。

コレステロールの心配がなければ、卵は健康維持に役立つ最適な食べ物です。
卵をたくさんとって、ビタミンもミネラルもたんぱく質もバランスよく摂取するようにしましょう。

今回紹介するレシピは、卵と高たんぱくの鶏のささみ、さらに今が旬のアスパラガスをゴマで和えた春らしい一品。
ゴマに多く含まれる「セサミン(ポリフェノールの一種)」は、アルコール摂取時に発生するアセトアルデヒドという毒素を分解するのに役立つと考えられています。
春は、歓迎会などでお酒を飲む機会が多い時期。二日酔い対策のためにも夜食として作ってみてはいかがでしょう。

●材料(2人分)
卵2個、鶏ささみ4本、アスパラガス4本、塩・コショウ各少々、ゴマ油大さじ2、酒大さじ1、Ⓐ(すりゴマ大さじ2、しょうゆ大さじ2、オリゴ糖大さじ1)

●作り方
❶鶏ささみは耐熱容器に入れて酒大さじ1を振り、ラップをして500ワットの電子レンジで3分加熱してから冷ましてほぐす。
❷アスパラガスは皮をむき、サッと塩ゆでし、斜め切りにする。卵はボウルに割り入れて溶いて塩・コショウを振ったあと、ゴマ油を熱したフライパンに流して炒り卵を作る。
❸ボウルにを入れ、❷を加えてよくまぜる。最後に塩で味を調えてから、盛り付け。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう