1. ニュース&コラム
  2. 【痛風が招く病気】尿酸値が高くなると尿路結石や腎症の原因にも。放置は危険

【痛風が招く病気】尿酸値が高くなると尿路結石や腎症の原因にも。放置は危険

解説東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター教授
谷口敦夫

みなさんは、「痛風」にどんなイメージをお持ちでしょうか。
痛風というと、血液中の尿酸の量が増えすぎて発症する、ということまでは知っている人が多いと思います。

そして、「布団をかけても痛みが強くなる」「タンスが乗っかったような痛みが足の親指に生じる」といった、痛風関節炎の痛みの発作を思い浮かべるのではないでしょうか。

もちろんその通りですが、実は痛風の怖さは別のところにもあります。東京女子医科大学教授で専門医の谷口敦夫先生に話を聞きました。
痛風は放置は禁物です。健康診断で高尿酸を指摘された人は必ず専門医の治療を受けてください。

痛風は関節の痛み以外に合併症も招く

夜に暴飲暴食した翌朝、足の親指のつけ根が痛む…これは典型的な痛風の症状です。
その痛みはかなり強く、「風が吹いて、その風が当たるだけでも痛みを感じる」ということから、痛風と呼ばれるようになったといわれます。

こうした関節炎の激痛は痛風の代表的な症状であるとともに、多くの患者さんがこの痛みを感じたことによって、自分が痛風だと自覚します。
ところが、痛風の恐ろしさはこれだけではありません。痛風の原因となる高尿酸の状態は、高血圧や高脂血、脳血管障害などさまざまな合併症に関係すると考えられているからです。

痛風はなぜ関節の激痛を招くのか?腎臓の機能も低下する

高尿酸で起こる合併症の中でも特に怖いのが、「痛風腎」です。

通常、尿酸は尿や便などとともに体外に排出されますが、代謝の異常によって過剰に尿酸が作られたり、尿酸の排泄が滞ったりすると、尿酸が血液中に増えすぎてしまいます。これにより、血液中の尿酸の量が基準値(1デシリットル当たり7.0ミリグラム)を超えると高尿酸血症と診断されます。

尿酸は体の中ではナトリウムと結びついて尿酸塩になっています。高尿酸血症が長く続くと、尿酸塩が関節に沈着します。痛風関節炎はこのために起こります。

賢藏.jpg
一方、腎臓でも尿酸は、尿酸塩あるいは尿酸として沈着します。前に、尿酸は高血圧や高脂血と関係すると述べましたが、これらは動脈硬化とも関係します。痛風の腎臓は尿酸・尿酸塩の沈着や動脈硬化の影響を受け、機能が低下すると痛風腎と呼ばれる状態になります。

痛風で腎症になると、痛風の薬「エヌセイズ」が使いにくい

血液中の尿酸は、腎臓に100万個存在する「糸球体」のフィルター(基底膜)でろ過されます。痛風腎を起こして慢性腎臓病となれば、尿酸のコントロール自体もうまくいかなくなります。尿酸が多い状態が続くとさらに腎機能が低下し、場合によっては透析治療が必要になることすらあります。

しかも、腎臓は我慢強い臓器であるため、慢性腎臓病の症状は、病状がかなり悪化しないと現れません。そのため、なんの症状も出ないままゆっくりと病状が悪化し、むくみなどの症状が出て初めて気づくこともあります。

痛風関節炎などの症状をすでに経験している人は、主治医に相談して血液検査や尿検査を受け、腎機能が低下していないかを確かめておくべきでしょう。

なお、高尿酸血症が原因の腎症では、腎臓の負担を増大させるため、痛風発作があったときに使う非ステロイド抗炎症薬のNSAIDs(エヌセイズ)が使いにくく、尿酸排泄促進薬の効果も低下するなど、その点でもやっかいといえるでしょう。

痛風の放置は尿路結石を招く可能性も

さらに痛風や高尿酸血症で腎臓に起こるのは、痛風腎だけではありません。痛風や高尿酸血症の人は、結石が腎臓に生じる「腎結石」も起こりやすくなります。
結石は、腎臓にある時点ではほとんどは痛みがありません。しかし、これが尿路へと移動し「尿路結石」になると事態が一変します。

尿路結石では突然背中からわき腹にかけて激しい痛みに襲われ、冷や汗が出たりしたりすることがあります。また、腎(腎臓と尿管の接続部)から尿管にかけて傷つけて血尿を引き起こすこともあるのです。
Fotolia_158251506_Subscription_Monthly_M-1.jpg
こうした状態が続くと、腎盂が閉塞状態となり、尿が腎臓にたまる水腎症を招きます。すると、尿によって腎臓が圧迫され、ひどい場合には腎不全を起こすのです。
また、腎結石を除くには水を多めに飲むことがすすめられますが、腎臓の機能が落ちている場合は、これも難しくなります。

日本では、痛風の患者さんの10〜20%が尿路結石を合併していると考えられています。一部の患者さんは、痛風発作が起こるより前に尿路結石を経験しており、両者には密接な関係があります。

腎結石は男性の発症率が高く、女性の2〜3倍に達するとされます。また、年齢別では30〜50代に多いとされてきましたが、昨今では若い女性にも多く見られます。尿酸値が高めの人はもれなく注意が必要でしょう。

このように、痛風関節炎を患っている人や尿酸値が高めの人は、腎臓が常に危険にさらされている状態にあるといえます。腎臓を守るため痛風の人は専門医に診てもらい、治療を受けるなど早めの対処が必要です。
自分自身でも血液中の尿酸を減らす生活を心がけてください。尿酸を減らす生活のコツについては別の記事で解説します。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう