1. ニュース&コラム
  2. 【動画解説】3分でできる「お腹痩せダイエット運動」。座ってお腹をひねるだけ!

【動画解説】3分でできる「お腹痩せダイエット運動」。座ってお腹をひねるだけ!

解説カラダネ編集部

お腹痩せは、特に中高年の永遠のテーマです。しかも、お腹が気になるのは薄着になりはじめる季節ですよね。そこで、健康情報誌『わかさ』2018年6月号では、お腹痩せダイエットの大特集!

カラダネでは、この『わかさ』の大特集を受けて、ダイエット法の動画を公開します。この記事は、日本健康運動研究所代表の菅野隆先生が提唱されている「おなか凹ませツイスト」のやり方動画です。

日本全国で大ブーム!お腹が最大9センチやせた!

菅野先生が担当し、全国各地の自治体や企業、介護福祉施設などで開催されているウエストシェイプ教室が、「ポッコリ腹やわき腹の引き締め効果がすごい!」と中高年に大好評といいます。

参加者の2ヵ月間の腹囲と体重の変化の調査では、腹囲は平均3.2センチ減、(最も多く減った人は9センチ!)、体重は平均0.7キロ減(最大で2.5キロ減)でした(参加者の平均年齢59.4歳)。

そこで、このウエストシェイプ教室のプログラムの中から、超簡単で自宅でも仕事場でも手軽にでき、お腹の引き締め効果が高い「おなか凹ませツイスト」のやり方を動画で紹介します。

腹横筋や腹斜筋がギュッと絞られる。そして、たるんだ状態を解消へと導く

菅野先生の話によると、おなか凹ませツイストを行えば、早い人なら10日程度でポッコリ腹やわき腹のぜい肉が引き締まってくるそうです。
私たちは、普段の日常生活ではウエストから下腹にかけてあまり動かしません。人間の体は、動かさないところに、脂肪がついてたるんでくるといいます。おなか凹ませツイストは腹部を意識してねじって活性化させ、グッと引き締めてくれるといいます。

おなか凹ませツイストのしくみは、以下のとおりです。
腹部の深層部には、コルセットのようにお腹まわりについている腹横筋と、斜めに走っている腹斜筋という筋肉があります。おなかをへこませて力を入れた状態で体をひねると、腹横筋と腹斜筋が同時によく動いて下腹やわき腹が、雑巾をギュッと絞ったような状態になります。
その状態になると、内臓やそれを支える結合組織などが、たるんで下がった状態から本来の位置に戻るというのです。

お腹まわりの筋肉も鍛えられる。食事のバランスも重要

さらに、菅野先生の話では、よどんで滞っていた筋肉内のリンパ液や細胞液が正常に循環するようになります。すると、筋肉本来の若々しさがよみがえり短期間でたるみグセから脱却できるというのです。

そのうえ、お腹をへこませて筋肉を固めると、血流が一瞬、阻害されて無酸素状態になります。すると筋肉から乳酸が排出されて成長ホルモンが分泌し、筋肉がつきやすくなる効果も期待できるとか。
そうなると、美しい姿勢を支えて腰痛予防にもなる腰まわりの筋肉が、たくましくなると考えられます。

おなか凹ませツイストを2ヵ月程度続けると、腹部の代謝がどんどん上がり、脂肪が自然に燃焼するお腹痩せ体質に一変できる人が多いといいます。

お腹太りが気になる人は、ぜひこの「おなか凹ませツイスト」を実践してみてください。もちろん、運動だけではなく、食事ではカロリーや糖質を控えることも重要です。
この記事を参考にしていただき、食事と運動のバランスを取って、1日も早くお腹太りを解消へと導いてください。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

出典:『わかさ』2018年6月号(詳細はわかさ出版ホームページにて)
電子書籍をご希望の方はAmazonでKindle版(発売日以降)がご購入できます

s_WKS_2018_06_epub.jpgおなかやせダイエット大特集号。
ダイエット運動からやせる食事法まで全網羅。

くわしい内容は、わかさ出版のホームページでご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう