1. ニュース&コラム
  2. 【糖尿病専門医が解説】おすすめ「血糖値測定器」の選び方。血糖値のセルフ管理にぜひ!

【糖尿病専門医が解説】おすすめ「血糖値測定器」の選び方。血糖値のセルフ管理にぜひ!

解説AGE牧田クリニック 院長
牧田善二

食後に血糖値が急上昇・急降下する「食後高血糖」は、すい臓や血管に負担をかけてしまう危険な症状ですが、健康診断などでは見つけにくいというやっかいな性質があります。

そこで血糖コントロールのためにも、自分で血糖値測定器を用いて血糖値を測定することをおすすめします。

この記事では、おすすめの血糖値測定器について専門医の牧田先生に解説していただきました。もちろん、血糖値測定器を使うと糖尿病がよくなるという話ではありません。自分の血糖値を知ることで、高血糖や糖尿病をよくする一助にしてください。
高血糖や糖尿病を改善させるには、専門医の治療に加えて、ふだんの食事や運動が何より重要であることを忘れずに。

血糖値のこまめ計測が糖尿病の自力対策に不可欠

健康診断や人間ドックでも見つけにくい食後高血糖は、糖尿病ではない人も関係する重大な健康リスクです。

そこで、血糖値をこまめに計測して、どんな食事のときに血糖値が大きく上下するのか自分で分析すると、食習慣の改善、そして血糖値の改善に大いに役立ちます。ぜひとも自分で血糖値を測って、血糖コントロールをしてほしいと思います。

調剤薬局などでは、自分で血糖値を測ることのできる測定器が各種売られています。多くの測定器は、自分で手の指先に細い針を刺して採血し、血液を試験紙に吸わせて測定するタイプです。

従来の血糖値測定器.jpgしかし、チクリと鋭い痛みを感じるので、いやがって使用をやめてしまう人が少なくありません。また、毎回測定が必要なので、継続的に血糖値を記録することはできません。

最新型は針を刺さず継続測定も可能

そこで私は、針を刺さずにしかも継続して血糖値を測定できるタイプをおすすめしています。これは、上腕部に500円玉くらいのセンサーを貼りつけ、読み取り機を近づけるだけで血糖値が測れるというものです。
さらに、最大で14日間継続して計測できる優れものです。

最新の血糖値測定器.jpg日本国内でも、条件はありますが今年から保険が適用されるようになりました。価格は、本体・センサーともに1万円前後と少々高額ですが、ほかのタイプと比べると群を抜いて便利です。興味のある人は、かかりつけの医師に問い合わせてみるといいでしょう。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう