1. ニュース&コラム
  2. 週末に脳活(物忘れ対策や認知症予防に漢字なぞなぞ)

週末に脳活(物忘れ対策や認知症予防に漢字なぞなぞ)

解説カラダネ編集部

週末に「カラダネ」読者のみなさんにお届けしている脳活タイム。

多くの脳の専門医が記事を執筆している脳トレ媒体「脳活道場」より、選りすぐりの問題を紹介します。
脳トレを解く習慣があれば、ふだんの生活とは全く違う刺激が脳に伝わって、物忘れの改善や認知症予防にきっと役立つはずです。


本日は漢字なぞなぞ。柔軟な思考力を育み、想起力を鍛えられるほか、言語中枢の側頭葉が刺激されると考えられています。まずは例題からどうぞ。

例題です。

各問には漢字1文字が答えになるなぞなぞが出題されています。問題文を読んでどんな漢字が当てはまるかお考え下さい。

では、例題を見てみましょう。s_例題.jpg

この問題の考え方は、月が見えなくなる=「背」から〈月〉が隠れる。そうすると〈北〉が残るため答えの方角は北となります。柔軟な発想で取り組みましょう。

今回は、5問用意しました。全問正解をめざしましょう。

問題❶


答えは、一番下にあります。

問題❷


答えは、一番下にあります。

問題❸


答えは、一番下にあります。

問題❹


答えは、一番下にあります。

問題❺







答えは、以下のとおりです。

問題❶ 人
問題❷ 辞
問題❸ 雷
問題❹ 靴
問題❺ 趣


いかがでしたでしょうか?
全問正解、できたでしょうか?

ちなみに、12月3日は「奇術(マジック)の日」です。

「よーく見てください。1(ワン)2(ツー)3(スリー)、はい消えました!」という奇術の定番のかけ声から、公益社団法人日本奇術協会が1990年12月3日を記念日としました。本で最大且つ唯一のプロマジシャンのための組織で、マジックショーや研修会などのマジック関連のイベントを開催することにより、若手の育成やマジックの普及・振興に努めているようです。
定番のトランプマジックから大掛かりなものまで、テレビでマジックショーがやっているとつい見入ってしまいます。いつもタネがわからずに驚くばかりです。

この記事は医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう