1. ニュース&コラム
  2. 【528ヘルツの音叉の音】が聴ける!「自律神経が整う」「腸に効く」と話題

【528ヘルツの音叉の音】が聴ける!「自律神経が整う」「腸に効く」と話題

解説カラダネ編集部

528ヘルツの音が今話題になっています。なぜ話題になっているのというと、簡単にいうと自律神経の乱れを整える可能性があるとわかったため。

ところで、528ヘルツの音って、一体どんな音なのでしょうか。体にどう作用するのでしょうか。

自律神経が乱れている可能性がある方は、心療内科や神経科、内科、精神科などの病院で専門医に診てもらうことが重要です。そのうえで528ヘルツの音を聞いてみてください。

528ヘルツの音をお聞きください。音叉の音です。

とりあえず、まずは528ヘルツの音とはいったいどんな音なのか。ここでは音叉による528ヘルツの音を美しい映像とともにお聴きください。

528ヘルツの音が体にいい理由

音には周波数(一定の時間内に振動などがくり返される回数のこと。単位がヘルツの場合は1秒)があります。
528ヘルツの音とは、この周波数が528ヘルツということで、ト音記号の五線譜で示されるドレミファソラシドの上の「ド」の音になるそうです(上のドの音の正確な周波数は、523ヘルツ)。

この528ヘルツの音は、副交感神経を活発にすると考えられており、体の部位の中でもちょうど「腰」のあたりによく響くとされています。
みなさんもある音を聞くと、「脳に響く」といった経験をお持ちではないでしょうか。528ヘルツの音は腰のあたりに響くのです。

前・埼玉医科大学教授の和合治久先生は、528ヘルツの音は腰のあたりであることから、おそらくは腸を刺激するのではないかと述べられています(くわしくは関連記事をご覧ください)。
s_Fotolia_169083203_Subscription_Monthly_M.jpg
腸は「第二の脳」ともいわれ、さまざまなホルモンも産生しているそうです。そのため、心身の安定にかかわる「幸せホルモン」のセロトニンの分泌に役立つのではないかと考えられます。
しかしながら、これはまだ仮説の段階で、十分なエビデンス(科学的根拠)はないそうです。

体にいい528ヘルツの音まとめ

528ヘルツの音は実に不思議です。
和合先生の話では、野菜の栽培中に528ヘルツの音を聞かせた野菜は、育ちが早いといいます。
また、体感的にも集中力が高まる、体が休まるなどの作用を感じる人もいるそうです。
みなさんは、いかがですか??
528ヘルツの音についてくわしくは、下記の関連記事をご覧ください。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう