1. ニュース&コラム
  2. 【動画でわかる】誤嚥性肺炎・セキぜんそくを予防する【こぶし呼吸】を医師が実演

【動画でわかる】誤嚥性肺炎・セキぜんそくを予防する【こぶし呼吸】を医師が実演

解説カラダネ編集部

健康情報誌『わかさ』2017年10月号では、誤嚥性(ごえんせい)肺炎で亡くなる人が増えていることを受けて、肺炎の予防法を大特集しています。
その特集の中で紹介されている「こぶし呼吸」について、考案した医師の誠快醫院院長の鹿島田忠史先生に実演していただきました。

ちなみに、こぶし呼吸は誤嚥性肺炎やセキぜんそく、気管支炎の予防に役立つ呼吸筋強化の特効体操です。

誤嚥性肺炎などの予防に役立つ!医師実演動画

では早速、鹿島田先生が実演する「こぶし呼吸」のやり方動画をご覧ください。

激増するセキぜんそくや誤嚥性肺炎は呼吸筋の衰えが重大原因

セキぜんそくになる人が増えています。
セキぜんそくとは、慢性的にセキが続く気管支の病気です。
主に、風邪やインフルエンザの後に起こりやすいとされ、通常のぜんそくと違って喘鳴(呼吸のときにヒューヒュー、ゼイゼイする音)や呼吸困難がなく、慢性的に乾いたセキが続きます。

鹿島田先生は、このセキぜんそくとこの記事の冒頭でふれた誤嚥性肺炎は、横隔膜や腹横筋などの呼吸筋を強化すれば解消できるといいます。
なぜ、呼吸筋を強化すればいいのか……この点について、『わかさ』ではくわしく解説していますのでぜひご覧ください。

さらに、今回の『わかさ』では今話題の肺炎予防法「ごっくんトレーニング」のやり方についても詳細に解説しています。ごっくんトレーニングの動画については、下のカラダネの記事をご覧ください。

【動画公開】肺炎を徹底予防!のどを鍛える西山式【ごっくんトレーニング】(クリックすると記事へジャンプします)


記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

出典:『わかさ』10月号(詳細はわかさ出版ホームページにて)
電子書籍をご希望の方はAmazonでKindle版(発売日以降)がご購入できます

s_WS10HY1.jpg肺炎の予防法を専門医がくわしく掲載されています(内容は、わかさ出版のホームページでご覧ください)。
COPDのとっておきの自力対策も掲載されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう