1. ニュース&コラム
  2. 慢性腎臓病のよくある疑問まとめ|トイレ我慢で腎臓病が悪化?隠れ塩分って?

慢性腎臓病のよくある疑問まとめ|トイレ我慢で腎臓病が悪化?隠れ塩分って?

解説日本医科大学名誉教授
飯野靖彦

本記事では、慢性腎臓病(CKD)の人が不安に陥りやすい疑問とその回答を、Q&Aとしてまとめました。
担当医の指示を第一優先に、病院で治療を受けることが最重要です。そのうえで、みなさんも自分でできる対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

日本医科大学名誉教授の飯野靖彦先生に話をお聞きしました。

Ⓠ運動するのは腎臓にいいというのは本当?

以前は、腎機能を守るには、安静を心がけることがすすめられていました。しかし、今では適度な運動が推奨されています。
むしろ、安静にして運動不足が当たり前になると、おなかに内臓脂肪がたまってメタボリックシンドロームに陥り、生活習慣病を発症し、その影響で腎臓にさまざまな合併症を引き起こします。

特に、糖尿病に端を発する「糖尿病性腎症」は透析患者の最も多くを占める、代表的な慢性腎臓病の原因疾患です。
腎機能を低下させないためにも、運動不足の生活がクセになっていないかチェックしてください。

運動不足になりがちな生活の例

s_運動不足.jpg運動不足になりがちな生活の例としては、「テレビを毎日長時間見ている」「外出にはバス・タクシーを使う」「買い物は近くのお店で済ませる」などが考えられます。

しかし、慢性腎臓病の人は、病気のステージ(進行度)に合った運動を行うとともに、「やりすぎ」にも気をつけなければなりません。運動のやりすぎは、かえって腎臓の血流を減らし、腎機能を低下させることになってしまいます。
息切れがしたり、汗だくになったりするような強度の運動はさけ、軽度の有酸素運動を心がけましょう。

Ⓠカゼに似た症状でも腎臓病の疑いがあると聞いたが?

高熱・セキ・のどの腫れなどが現れたからといって、安易にカゼと考えてはいけません。

もし、カゼの症状が出たあとに尿がコーラ色(血尿)になったら、「IgA腎症」の疑いが考えられます。
初期はたいてい無症状ですが、中には急性扁桃炎や上気道炎のあとに血尿の出ることがあるので、尿の色に異常が出た場合は、すぐに腎臓内科や泌尿器科を受診してください。

IgA腎症は血液透析に至る危険が高い疾患です。早期発見のためにも、カゼの安易な自己判断は控えましょう。

Ⓠトイレを我慢すると腎臓に悪い?

尿意を我慢しすぎると、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」という病気にかかり、腎機能の低下を招く恐れがあるので注意しなければなりません。
腎盂腎炎にかかると、発熱や血尿が出たり、背中に痛みが起こったりします。

腎盂腎炎を防ぎ、腎機能を守るためにも、尿意を催したら我慢せずすぐに用を足すこと、こまめに水分を補給してトイレの回数を増やすことが肝心です。

トイレ我慢が招くその他の主な病気

s_トイレ我慢 病気.jpg●膀胱炎
膀胱内にたまった尿に細菌が繁殖し、炎症を起こす。
※そのほかにも、トイレ我慢は血圧の上昇を招くこともあります。

Ⓠ腎臓に悪い「隠れ塩分」ってなに?

塩分のとりすぎは腎臓に負担をかけるだけでなく、高血圧を招いて腎臓の血管を傷め、腎機能を低下させる原因にもなります。

腎機能を守るためには、1日当たりの塩分摂取量を3〜6グラムに減塩することが重要ですが、意外な食品に多くの塩分が入っている「隠れ塩分」に注意しなくてはなりません。

隠れ塩分に注意すべき食品

s_隠れ塩分.jpg例えば、パンなどは塩分とは無縁のようですが意外と多く塩分が含まれています。

さらに、魚のすり身や、和食のつけ合わせの漬物など毎日の食事の中で、それほど塩分を気にせず食べているものでも、多くの塩分を含んでいるので、ふだんの生活の塩分量を見直してみるといいでしょう。

Ⓠ最近よく聞くAGEってなに?

AGEとは「終末糖化産物」と呼ばれる、糖が血液中で変質をくり返してできる物質の総称で、腎臓を傷める原因にもなります。

このAGEが腎臓で発生すると、腎臓の糸球体が障害されて腎機能を低下させます。「糖尿病性腎症」を招く原因にもなるので、積極的にこのAGEを減らす必要があります。

一番下の特別付録ポスターには食品のAGEを減らすポイントも記載しているので、参考にしてください。

Ⓠ加工食品に表示されていない塩分量を知りたいときは?

加工食品の塩分量の表示がなく、「ナトリウム(ミリグラム)」になっている場合は、下の変換式に当てはめて、ナトリウム量から食塩相当量を割り出せます。

ナトリウム量の表示が「グラム」なら2.54倍で計算すれば、おおよその食塩量がわかるので覚えておくといいでしょう。

加工品の食塩相当量を知る方法

s_食塩相当量 計算しき.jpg

腎機能アップに役立つ特製ポスター|カラダネ特別付録

慢性腎臓病の進行を防ぐ食事のポイント、慢性腎臓病の進行度別生活改善ポイントがひと目でわかります。

味付けの減塩アイデアや血糖値の上昇を防ぐコツ、調味料に含まれる食塩量、AGEを減らすポイントなどが総まとめになっています。

下記をクリックしていただければ、PDFファイルが開きます。ふだん使いする方は、できればコピー用紙のA3サイズで出力してください。

慢性腎臓病の進行度別生活改善ポスター|カラダネ特別付録❶
慢性腎臓病の進行度別生活改善ポスター|カラダネ特別付録❷


記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう