1. ニュース&コラム
  2. 高須院長「かわいいは、最強のアンチエイジング」〜50歳以上の若々しい人の共通点とは〜

高須院長「かわいいは、最強のアンチエイジング」〜50歳以上の若々しい人の共通点とは〜

解説高須クリニック院長
高須克弥

「しわ」には老けて見えるものと見えないものがある

ーー私も若さ(=キレイ)を維持するために、顔の筋肉のトレーニングをやっていますが、実際に効果はあるのでしょうか?

もちろんですよ。筋肉は使えば鍛えられますから、顔の筋肉も例外ではありません。鍛えればタルミやしわを防ぎ、若さを保つことができます。

50歳以上の患者さんを診察すると、大半の人が、顔の各部位を引き上げる筋肉が衰えています。その結果、目尻や口角、ほおがたるんで下がり、アゴの下もたるんで二重アゴになってしまいます。ですから、口角を横へ引っぱって大きく笑顔を作るなどして、顔の筋肉を強化することはとても大切なことです。


本来であれば、トレーニングをしなくても、ふだんの生活で表情を作りながら、会話をしているだけで十分です。僕なんていつもしゃべっているから、ずっとトレーニングをしているようなもの。

実は、この「ふだんの生活」というのが大切で、怒ってばかりの生活をしている人は、怒っている表情を作る筋肉が発達して、強面の老けた印象を与える顔になります。
反対に、人生を楽しんでいる人は、喜びや明るい表情を作る筋肉が発達して、いつまでも若々しい顔を保つことができるのです。幸せな人は老けにくいといわれるでしょう?無意識のうちに、顔が若く見える筋肉のトレーニングができているからかもしれませんね。

ーー喜びや明るい表情、つまり笑顔がいいといわれても、目尻にしわができるのですが…

ネガティブな考えをしていると、幸せが逃げますよ!(笑)
顔にはよい(=あるべき)しわと、醜い(=あってはならない)しわがあります。笑ったり、うれしかったりしたときにできる目尻のしわは、老けを感じにくい、あるべきしわです。僕がいうのだから間違いありません。

ーー先生は72歳ですが、シミもしわも全くない若々しい顔です。

もちろん僕は、整形しているからね(笑)。僕は新しい美容整形の技術は、まず自分で試します。自分のアイデアが実体化するのは楽しいものです。

「50歳以上でも美容整形をすれば、顔が若返って、キレイになりますか」という質問を受けることがあるけれど、整形前よりも若くするのだから、それは当然。患者さんの誰もがキレイになったと納得しています。

ーー高須先生、話が少し変わりますがこの機会に恋についてもお聞かせください。先生とパートナーの西原理恵子さん(漫画家)の関係が本当に素敵で…やっぱり恋は若さの源ですよね。

実は、僕はあまり熱烈な恋愛をしたことがなくて、わりと第三者的に自分も見ているから、なんともいえないかな(笑)。

少し話が脱線するけど、第三者的に自分を見ている僕が思うのは、「人は欠損に恋をする」ということ。黄金率でないもの、相手の弱い部分、未熟な部分を見たときに、本能で自分が補ってあげたいと思う。その弱さと未熟さを自分だけが理解していると思うんです。欠損の理解者になることが、「恋」だと思いますね。

s_takasu.jpg話を戻しますが、単純に西原さんを喜ばせるのは好きです。それは治療でも同じで、患者さんが喜んでくれるのはすごくうれしいから頑張ってしまう。先程もいったとおり、それが僕の幸せ(=キレイ)につながっているのだと思います。

みなさんも時間があるとき、例えばボランティア活動をしてみてください。周囲の人から『ありがとう』といわれると、幸せな気持ちになって若くキレイでいられますから。
(続きは次ページへ)

この記事が気に入ったらいいね!しよう