1. ニュース&コラム
  2. 高須院長「"かわいい"は最強のアンチエイジング」〜50歳以上の若々しい人の共通点とは〜

高須院長「"かわいい"は最強のアンチエイジング」〜50歳以上の若々しい人の共通点とは〜

解説高須クリニック院長
高須克弥

キレイは「美貌」と「若さ」で決まる

今年で72歳になる現在も、日本の美容医療を牽引しつづけるスーパードクター・高須克弥先生。テレビ番組出演やインタビュー記事、ツイッターなどで日々メディアを湧かせつづけています。

長年、多くの女性の容姿と向き合い、「美しさ」「若返り」を探求しつづけてきた高須先生に、今一番の悩みは顔のシミ・しわという女性記者(58歳)が「50歳からキレイが続く人、急に老ける人」の違いを聞いたら思わぬ答えが…

ーー高須先生が考える50歳以上でキレイな人とは。


キレイには、「美貌」と「若さ」の2つの異なるカテゴリーがあると考えています。もっとも、ここでいう美貌とは、顔立ちがバランスよく整っていること。そのうえで、50歳以上でキレイな人となると、当たり前ですが、顔立ちが整ったうえで若々しい人です。

その次は、老け顔で顔立ちが整っている人よりも、若顔で顔立ちが整っていない人のほうがキレイだと、僕は思います。個人差はありますけど(笑)。

s_beauty-young.jpgーーでは、50歳以上の女性がキレイになるために優先すべきは、若さということですね?

そのとおり。美容整形の話になりますが、50歳を過ぎてから鼻を高くしたり、輪郭を整えたりしてもしかたないでしょう。キレイになるために努力するのは素晴らしいことですが、年齢に応じて努力すべき方向性を誤ってはいけません。50歳以上の人は、しわやシミ、タルミを作らないことが大切です。

ーー美貌よりも若さ…改めていわれると心に刺さります。では、老けを早める原因としては、どんなことが考えられるのでしょうか。

一番は意外に思う人も多いかも知れませんが、やせすぎることです。50歳以上の人が急にやせると、それまで突っ張っていた皮膚がたるんで、顔にしわやタルミが現れます。

目安は身長(センチ)−体重(キロ)の数値が100くらい。155センチなら55キロ。50歳を過ぎたらそのくらいがちょうどいいと、僕は思っています。その数値が100を超えると顔のしわやタルミが目立つようになりますね。
もちろん、太りすぎもよくありませんが、現代の女性たちの多くが「やせる=美」と考えていることについて、とても心配しています。そんなわけありませんから。

数あるダイエット法の中でも、特に危惧しているのが食事量を減らす方法。聞くところによると、バナナだけダイエットやスープだけダイエットなど僕には信じられない方法ばかり。
栄養バランスを考えずに食事量を減らすと、必ずたんぱく質不足に陥ります。たんぱく質は人間の体を構成する成分の源。例えば、皮膚の元になるたんぱく質の成分が不足すれば、肌が荒れてたるんできます。

最悪なのは、やせすぎと栄養不足のダブルパンチで、肌が一段と老ける悲惨な結末を迎えることでしょう。

ーー私のような50歳以上には本当に耳が痛い話ばかりです、そのほかには何かありますか。

基本的なことですが、紫外線を浴びすぎるのはよくありません。紫外線は、シミやしわができる元凶ですから。紫外線の強い夏が過ぎた9月半ばになると、僕のクリニックにも「シミができた」「小じわが増えた」と、駆け込んでくる女性が増えます。もはや、5月病ならぬ9月病です。

そうならないために、日傘や帽子の活用はもちろんですが、サンスクリーン剤(日焼け止め化粧品)も自身の肌質に合わせたものを使って、賢く紫外線を防ぎましょう。
悲しい現実ですが、人間は誰でも17歳をピークにして、それ以後は老化の一途です。誰でも年を重ねれば、ある程度はシミやしわ、タルミが増えてしまうものですが、どのように増えていくのかは、本人の心がけしだいということです。
(続きは次ページへ)

この記事が気に入ったらいいね!しよう