1. ニュース&コラム
  2. 緑内障セルフチェックができる視野検査シート

緑内障セルフチェックができる視野検査シート

解説中目黒眼科院長
杉本由佳

緑内障はとても見つけにくい目の病気で、日々のチェックが有効。
この記事では緑内障の視野の欠けをセルフチェックできる特製シートをプレゼント!ご協力いただいたのは、眼科専門医の杉本由佳先生です。

もちろん、見え方に異常を感じる人は眼科できちんと診断を受けることを徹底してください。

緑内障は見つかりづらい病気

緑内障患者の9割は治療を受けていない

緑内障については、最近の調査では約400万人が発症していると推測されています。しかし、実際に眼科で治療を受けている人はそのうちの1割に過ぎません。

残りの9割の人は、緑内障に気づかずに知らず知らずのうちに症状がどんどん悪化していると考えられるのです。

目や脳が視野の欠けを補う

緑内障に気づかないのは、片方の目の視野が欠けていても、反対側の目でそれを補ってしまうため。
もう一つ不思議なことがあります。視野の欠けが小さなうちは、みなさんの脳が欠けた部分の視野を補ってしまうこともあると推測されます。

glaucoma-brain s_.jpg

実は物を見るという働きは目だけではなく、脳がとても大きく関係しています。目で見えたものは視神経を通じて脳が認識し、初めて「見えた」ことになるのです。

つまり、目に多少の問題があっても脳が今ある情報を自動で処理して補正し、「見えた」ことにしてしまうために、視野の欠けが小さいうちは気づきにくいのです。

健康診断でも見つかりにくい

また、毎年必ず健康診断や人間ドックを受けていても、緑内障だと気づかれないことがあります。
というのも一般の眼底検査などでは、緑内障の初期症状の場合もある「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」が見逃されたりする場合があるからです。

さらに、緑内障の発見を難しくしている原因の一つに、眼圧が正常域(10~21ミリ)なのに緑内障になる「正常眼圧緑内障」の人の激増があげられます。
今や、日本人の緑内障患者の大半は正常眼圧緑内障です。このように、健康診断で異常なしといわれても実際には緑内障が進行している人が少なくないのです。

自分の視野をセルフチェック!

毎日できる緑内障チェック

そこでおすすめしたいのが、視野の欠けがあるか、日常的にチェックすること。
あまり頻繁に眼科に通うのは現実的ではありませんし、家庭でもできる視野チェックを習慣づけることで、ふだんから目への意識が高まるはずです。

家庭でできる緑内障のセルフチェックには、いくつかの方法があります。例えば、新聞の株式欄のように、同じ大きさの活字が並んでいる紙面を見る方法です。
glaucoma-check s_.jpg
新聞の株式欄を片側の目だけでまっすぐ見てください。見えている範囲がすべて株式欄で覆われるように、目との距離を調整します。視線は動かさず、まっすぐ真ん中を見ます。
そのときに視界の一部がかすんだり、暗く見えたりするところがあれば、視野狭窄が疑われます。

眼科医の緑内障チェック「視野検査シート」プレゼント

また、ダウンロードできる「視野検査シート」を活用すれば、より簡単でより正確に視野に異常がないかチェックが行えるはずです。
健康診断でたとえ眼圧が正常と診断されても、セルフチェックで見え方に異常があれば緑内障を疑ってください。視野検査シートはダウンロードしてお使いいただけます。
Glaucoma check.jpg

視野検査シートをPDFファイルで開く

ダウンロードしたら、100%の大きさでB4以上の紙に印刷してください。
やり方は、検査シートにある「チェック方法」と「診断結果」を参考にしてください。
何か異常があるとわかった人はもちろん、この検査シートでは特に問題がなくても不安な点がある人は必ず眼科専門医に診てもらってください。

最後に、この検査シートは簡易的なものですので、あくまでも目安としてお使いいただくことが大切です。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう